社会医療法人白光会 白石病院

Tel:099-255-0101〒890-0042 鹿児島市薬師1丁目12番22号
CAPDについて

Home > CAPDについて

CAPDについて

CAPDとは

  • Continuous (連続的に)
  • Ambulatory (携行可能な)
  • Peritoneal (腹膜をつかった)
  • Dialysis (透 析)
の略称で、1984年に保険適用となった在宅医療です。
血液透析では、血液を体外に取り出して機械で血液をきれいにしますが、CAPDは体内の腹膜を利用して24時間連続した透析を行うので最も生体腎に近い治療法といえます。
原理
毛細血管が豊富な腹膜に囲まれた腹腔内に透析液を入れて、一定時間溜めている間に腹膜を介して血液中の不要な老廃物や水分を透析液に移行させ血液をきれいにします。
数時間後、再びその液を入れ替えて腹腔内に新しい透析液を溜めるということを繰り返します。透析液の入替をするために、カテーテルという柔らかいチューブを簡単な手術によって腹部に埋め込みます。
カテーテルの体の外に出る部分はわずかですから、日常生活の妨げにはなりません。

CAPDの操作方法

1.排液 2.注液 3.貯溜中
カテーテルに透析バッグの
チューブをつないで、腹腔に
入っている老廃物を含む液を
排液します。
腹腔内の液が全部でたら、新しい
透析液を腹腔内に入れます。
チューブを外します。
貯溜している間、自由に
活動することができます。

退院後の生活

通常、通院は異常がなければ月1~2回。社会復帰が容易です。
あるCAPD患者さんの1日
午前7:00 お昼休み 午後6:00 午後11:00
朝起きて1回目のバッグ
交換終了後、会社へ
昼休み、2回目のバッグ交換 3回目のバッグ交換 入浴後、寝る前に
最後のバッグ交換

CAPDとHDの比較

血液透析との比較
  CAPD/APD 血液透析
透析の行える
場所
自宅や会社など清潔な場所ならどこでも可能 病院
通院回数 月1~2回 月9~13回
患者さんの
日常生活
生活リズムに合わせて透析可能 週2~3回、一回につき4~5時間
の透析中は拘束される。
水分・老廃物
の体内変動
いつもほぼ一定で体調が安定。 透析前と後では差が大きい。
透析による
自覚症状
腹部膨満感 透析中:頭痛、嘔吐、血圧下降
透析後:疲労感
自尿の維持 ある程度の期間、尿量は維持 透析導入後、急激に尿量が減少
針を刺す痛み 針刺しはなし 針刺しが必要
(痛みがある・最小限2本)
食事制限 比較的穏やか 制限あり
水分
食塩
尿量によって制限あり

軽い制限
制限あり

制限あり
カリウム

リン

カロリー
ほとんど制限無し

制限あり

制限あり
制限あり

制限あり

軽い制限
旅行 透析液バッグがあれば、どこでも旅行可能。
旅行中バッグ交換時間以外、拘束はない。
事前に旅行先の透析施設の予約を取る。
旅行中、透析をする時間は拘束される。

白光会Group

法人概要

白石記念クリニック

島田泌尿器科医院

訪問看護事業所

居宅介護支援事業所

住宅型有料老人ホーム

院内保育所

へき地医療

アクセス

〒890-0042
鹿児島市薬師1丁目12番22号
予約受付:099-255-0101
午前受付:8:30~12:30
午後受付:13:30~17:30
定休日:日・祝祭日

↑ PAGE TOP