社会医療法人白光会 白石病院

Tel:099-255-0101〒890-0042 鹿児島市薬師1丁目12番22号
血液透析について

Home > 血液透析について

血液透析について

血液透析(HD)

透析は、おもに体内に溜まった余剰な水分や老廃物を除去するための治療です。
通常、血液流量を増加させるためのシャントと呼ばれる外科的処置を施した前腕の血管に針を2本刺し、動脈側(脱血側)血液回路と静脈側(返血側)血液回路を接続します。血液ポンプによって体外に導き出された血液は、透析器に入り水分と老廃物が除去され、体内に返されます。この一連の流れを4~5時間続けることによってからだ全体の水分や老廃物が正常に近い値となって1回の透析を終了します。
毒素や水分は、また溜まりますから1週間に2~3回透析を受けなければなりません。
透析を安全かつ確実に行うためには各種の警報器や除水制御機構・透析液供給機構などが備わった透析装置や透析液作成のための設備が必要です。

血液濾過透析(HDF)

血液透析と血液濾過法を同時に行う方法で、透析液と補充液の両方が必要です。
小分子量物質は血液透析で中・大分子量物質は濾過で、効率よく除去することができます。したがって通常の血液透析では改善しない骨痛・関節痛や掻痒症および透析アミロイドーシスを合併した患者さんが適応となります。

血液濾過法(HF)

透析器のかわりに除水性能の優れた濾過器(フィルター)で血液を濾過しながら、血液の電解質とほぼ同等の電解質液(補充液)20L程度を静脈側血液回路(返血側)に注入する方法です。補充液と濾液のバランスが大変重要となるので、バランス機構の付いた専用の装置が必要です。
HFは中・大分子物質の除去効果に優れ、循環動体が安定しているという特徴があるので、透析困難症や血圧の不安定な高齢者や糖尿病の患者等に適しています。

on-lineHDF

HDFはバッグにつめて減菌した補充液を使用しますが、透析液を補充液として利用する方法が「on-lineHDF」です。
従来の透析液には細菌やエンドトキシン(ET)などの不浄な物質が含まれていますが、血液中に直接流入することがあってはならないので、2~3連に組み合わせたET除去フィルターで透析液を完全にクリーンにしています。このクリーンな透析液を、専用補充液ポンプで血液回路内に直接補充します。透析液の流路は、密閉回路になっているので血液回路内に補充すれば同時に同じ量の濾過液が透析器から濾過されます。
補充液ポンプの流量を変えるだけで70~80Lの大量液置換が可能です。β2-MG等の大分子量物質の除去効果に最も優れ、骨・関節痛や掻痒症が強く不眠、イライラ感等に効果があります。

白光会Group

法人概要

白石記念クリニック

島田泌尿器科医院

訪問看護事業所

居宅介護支援事業所

住宅型有料老人ホーム

院内保育所

へき地医療

アクセス

〒890-0042
鹿児島市薬師1丁目12番22号
予約受付:099-255-0101
午前受付:8:30~12:30
午後受付:13:30~17:30
定休日:日・祝祭日

↑ PAGE TOP